椎名町紹介

椎名町について

豊島区には、昭和初期から多くの漫画家が暮らしていた。代表的なのが昭和27年豊島区椎名町5丁目に建てられた木造2階件のトキワ荘。手塚治虫をはじめ、寺田ヒロオ、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら現代マンガ界を代表するマンガ家たちが青春時代を過ごした。

トキワ荘は昭和57年、老朽化のため取り壊されたが、現在はマンガの聖地として石造りのモニュメントが建ち、トキワ荘跡地近くの南長崎花咲公園には記念碑「トキワ荘のヒーローたち」が、平成25年にはトキワ荘通りおやすみ処もオープン。

商店街も含め、町は「マンガゆかりの地」として訪れる人が絶えない。

西武池袋線「椎名町駅」北口の長崎神社は、江戸時代からこの地の鎮守。
5月に催される長崎獅子舞は江戸末期から伝承される民俗芸能で、豊島区指定無形文化財となっている。

椎名町の動画紹介

椎名町の浴場紹介

  • 妙法湯 豊島区西池袋4-32-4

  • 五色湯 豊島区目白5-21-4

  • 健康ランド末広湯 豊島区千早2-14-13

  • 山の湯 豊島区要町1−47−12