大塚紹介

大塚について

大塚は東京に残る唯一の都電が走る街。

大塚駅前の天祖神社には、第二次世界大戦の空襲で焼け残った樹齢六百年のいちょうの木が、今も人々の生活とともにあり、この木の下で女流文学者佐多稲子がひとときの休みをとり、野口雨情が「船頭小唄」を書いた。

駒込は「ソメイヨシノ桜」発祥の地として春には各地から多くの人で賑わう。

大塚の浴場紹介

  • 大塚記念湯 豊島区南大塚3-38-15

  • 玉の湯 豊島区南大塚2-31-3